<< ヤケ | main | からくり >>

初稽古

今日は新年初めての太極拳の稽古日。
はぐれ師範があつまったそのお教室には、一応名前があるそうです。
その名は「風の会」。
いやはや。ぴったりですね。
今年も、来る人、来ない人、途中で帰っちゃう人…色々で、のんびりまったり始まりました。

お仲間の方がお話していたのですが、武術、たとえばカンフーとかできる武術家の人でも、太極拳のようなゆっくりした動きというのは、意外と難しく感じるものなのだそうです。
瞬発的に激しい動作ができるのと、ゆっくり体重移動しながら型を行うのは違うものらしいです。
私が稽古している楊名時太極拳は、動く禅とも言われ、24の型を10分くらいかけて行います。
しかし、一口に太極拳と言っても、様々な系統があって、中には飛んだりはねたりというものもあります。
私、白状すると、初めはその飛んだりはねたりという方を習いたかったんですけど(^^;
まあ、人には出会いというものがあります。
それに、何をするのがよいかは人それぞれで、断定することもできないですね。

at 23:59, 石山 奈尚, 雑記

comments(0), trackbacks(1), - -

comment









trackback
url:http://blog.sunnyseablue.net/trackback/71170
画力向上ガイド - 絵心をアップしてイラストや漫画のレベルを上げよう, 2006/04/01 1:44 PM

(人体についてに戻る)大体の人間の仕組みなどは絵を描けば分かりますが、人間は動いてナンボなので実際人間を描くにはどんな動きまで出来るのだろうか?と言う事を念頭に入れて描かなければいけません。しかし、「動き」に関してだけはポージング集などの書物だけでは